基礎知識

サイトM&Aアドバイザーとは?役割や選び方を解説。

「サイトM&Aアドバイザーってなんだろう??」
「サイトM&Aアドバイザーはどんなことをするの?」

そんな疑問をお持ちではないですか?

Webサイトを買いたいけど、要領がよくわからない。
かといって、いきなりサイトM&Aアドバイザーに頼むのも気が引ける。

そんなあなたに向けて、本日はサイトM&Aアドバイザーの役割や仕事内容について解説していきたいと思います。

サイトM&Aアドバイザーとは?

サイトM&Aアドバイザーとは、Webサイトの売買にともなって売却者または買収者のサポートを行う人を意味します。
サイトM&Aコンサルタントと呼ばれる場合もあります。

企業のM&AにおけるFA(ファイナンシャルアドバイザー)と同じ立ち位置で動く人を差し、その仕事内容は多岐に渡ります。

次に、役割について見ていきましょう。

サイトM&Aアドバイザーの役割や仕事内容

サイトM&Aアドバイザーの役割を簡潔にいえば、依頼主のM&Aを成功させることです。

具体的には下記のような仕事が期待されます。

  • サイトM&Aの全般的なアドバイス
  • サイトM&A候補先の紹介、選定
  • サイト価値の算定
  • 相手先との交渉
  • 契約書類作成の支援

サイトM&Aに慣れていない方にとって、M&Aの取引は分からないことだらけです。
そんな時はアドバイザーのサポートを借りて、M&Aの成功率を高めるのも1つの手です。

ただし、全てのサイトM&Aアドバイザーが上記のサポートを行っているわけではなく、部分的に担当しているケースも多々あります。
(サイト価値の算定のみ行う、など。)

そのため、アドバイザーと契約する前には、どのようなサポートを受けられるのか事前に確認しておくと安心です。

それでは、サイトM&Aアドバイザーの報酬体系についても見ていきたいと思います。

サイトM&Aアドバイザーの報酬体系

サイトM&Aアドバイザーの報酬は、2段階に分かれるケースが多いです。

まずはアドバイザリー契約を行った段階での「着手金」、それから実際にM&Aが成約した場合の「成功報酬」です。
アドバイザーによっては、契約期間中に毎月発生する固定報酬の「リテイナーフィー」が必要なケースもあります。

なお、M&A成約時に発生する成功報酬については、成約額に応じてパーセンテージで支払う場合と、金額に関わらず固定報酬となっている場合の2種類があります。

アドバイザーと契約する際は、こういった報酬体系も確認しておくようにしましょう。

サイトM&Aアドバイザーの選び方

では最後に、サイトM&Aアドバイザーの選び方について触れておきます。

ポイントを挙げればキリがありませんが、重要となるのは以下3点です。

  • 過去のサポート実績(またはM&A経験の有無)
  • Web関係の知識(Webデザイン、SEO、マーケティング.etc)
  • M&A仲介業者や各種専門家とのコネクション

まず最も重要となるのは、そのアドバイザーが過去にサポートした経験があるのか、または、実際に自分でサイトM&Aを実施して成功した実績があるのかという点です。
サポート経験またはM&A経験があれば、再現性は高いと言えます。

次に必要なポイントは、Web関係の知識です。
アドバイザーとしてサポートする以上、サイト価値を正しく算定する能力が問われます。
そのためには、WebデザインやSEO、マーケティング等の知識が問われます。

最後は、M&A仲介業者や各種専門家とのコネクションです。
アドバイザーはあくまでM&Aを円滑に進めるサポート役になり、実際に案件を取りまとめるのはM&A仲介業者であったり、弁護士、税理士、Web屋さんです。
そのため、各分野とコネクションを持つアドバイザーほど、困ったときに専門家を紹介してもらえるので頼りになります。

まとめ:必要に応じて専門家の力を借りましょう。

どんな分野でもそうですが、知識や技術を学んでいくのは時間と労力がかかるものです。
であれば、アドバイザーを雇い、リスクを軽減するのは賢い選択と言えるかもしれません。

自分で何もかも経験するのは限界がありますから、適宜必要に応じて専門家の力を借りていきたいものですね!